かぎ編みで雑貨を作るひとhime*himaのブログ

かぎ針編みの制作過程具にあとがき

レース編みドイリーのアイロン仕上げの方法|まち針の打ち方とドイリーの整え方

エミーグランデハーブスで編む #100ドイリー 6枚目

 

#100ドイリー 6枚目の編み図 試し編み

こんにちは。

昨日、編み図を公開した#100ドイリー 6枚目ですが、ちゃんと編み図が描けているのか試し編みしました!

↓昨日、インスタにアップした写真。

f:id:himehima:20190616111256j:image

こんな感じで、最初はピンクメインで色を各段変えて…

2枚は、ブルーの糸メインで…

こんなに色を変えて編むの久しぶり。

ドイリーの糸の始末方法

毎段、糸を切って、糸の色を変えていたので、糸の量すごい…

糸の始末大変でした…

ドイリーの糸始末の様子

ピンクは糸を切った後だけど、ブルーの方は、糸の始末が終わったところ。

糸の始末は、ドイリーの裏側に…

糸の撚りを割って、1本の糸の中に入れるようにしていくと、解けにくく、少し入れ込むだけで大丈夫ですよ!

レース編みのドイリーのアイロン仕上げの方法

今回の#100ドイリー 6枚目は、編み終わった後、あまり綺麗じゃなかったので、アイロンで仕上げます。

ドイリーの正式なアイロン仕上げの方法は、たぶん、円を描いた台の上で形を整えていくんだと思います。

だけど、円を描いた台を用意するの大変だし、めんどくさいですよね。

アイロン仕上げ自体が面倒なのに、さらに円形の台を用意してっていうのに手間がかかったら、もうアイロン仕上げしない!ってなりそうです。

アイロン仕上げしないでいい作品を、たくさん紹介したいとは思ってるんだけど、アイロン仕上げが必須な作品もあるので…

めんどくささがちょっとだけ解消するhime*hima流のアイロン仕上げの方法を紹介しますね。

hime*hima流アイロン仕上げの方法 

はじめに…

まち針を「打つ」と表現するか「刺す」と表現するか迷って、両方の表現を使っています。

どちらもドイリーをまち針留めすることの意味で使っていますので、読みにくいかもですがご了承くださいね。

アイロン仕上げに必要なもの

  • 蒸気が出るアイロン
  • まち針が刺せるアイロン台
  • まち針

まち針の数は、ドイリーの大きさによっても違いますが、常時30本くらいは持ってます。

アイロンの手順

アイロン仕上げの手順

  1. まず、ドイリーの真ん中にまち針を1本刺します。
    これは、ドイリーが動かないように固定するためです。(写真1)
  2. まち針は、対称に刺していきます。
    最初に上下の1本ずつ。(写真1)
    円を描いた上にドイリーを置いてないので、この時点では、形を作っていくことができません。
    なので、ドイリーは、引っ張り気味にまち針を刺します。
  3. 次は、左右にまち針を刺します。(写真2)
  4. そして、どんどん上下左右対象にまち針を打っていきます。(写真3〜4)
    ドイリーは引っ張り気味に、放射状にバランス良く引っ張ってくださいね。
  5. ドイリー全体に待ち針を刺したら、形を整えながら、まち針を刺し直します。
    このドイリーは、丸い形に近づけたいので、刺しているまち針がバランスよく配置されるようにします。(写真5)
  6. ドイリーに等間隔でまち針が打てたら、真ん中のまち針をはずします。(写真6)
  7. アイロンは、ドイリーから少し離して、蒸気だけをあてます。
    10秒から20秒程度、全体に蒸気がかかるようにしてください。
    ドイリーにアイロンを当てる
  8. 蒸気をあてたら、まち針を外します。
    ドイリーが熱いうちに、手で形を整えます。
    まち針を刺していたところが少し飛び出たりしているので、そこを手で綺麗な形にします。
    まち針を外して手でドイリーを整える
  9. 形を整えたら、最後にドイリーの裏側からもう一度アイロンをかけます。
    まち針を外した後のアイロンがけは、ドイリーに軽くアイロンをあてます。
    ドイリーに、しっかりと押し付けるようにアイロンをあててしまうと、編み目が潰れて、糸の風合いが失われるので、本当に軽く、ササッと動かしながらあてます。裏側からもう一度アイロンを当てる

アイロン仕上げ:ドイリーのビフォーアフター

ピンクの方がアイロン仕上げが終わったドイリーです。

少し大きくなって、編み目が整いました!

特に、6〜7段目が整ったのがわかりますよね! 

アイロン後とアイロン前の比較

 

ドイリーのまち針の打ち方のコツ

目分量で形を整えていくので、一見難しいそうですが…

コツは、ドイリーを引っ張り気味に、上下左右対称にまち針を打ちつつ、形を整えていくこと。

最初は、慣れないかもですが、小さなドイリーで練習すると大きなドイリーも、円形の台がなくても、まち針を打ってアイロン仕上げができるようになりますよ!

 

ドイリーに打つまち針は表側からでも大丈夫です 

ピンクの方は、ドイリーを裏返してまち針を打ちましたけど、表側を向けてまち針を打っても大丈夫です。

私は、割と表から蒸気をあてることの方が多いかもです。  

表側からまち針を刺した様子

まち針を外してからのアイロンは必ず裏返して! 

まち針をつけて、蒸気をあてるアイロンは、表側からでも大丈夫ですが…

まち針を外して、アイロンを軽くあてる時は、必ずドイリーを裏返してアイロンがけをしてくださいね。 

裏側からアイロンを当てる

レース編みの正式なアイロン仕上げじゃないですが… 

今回、紹介したアイロン仕上げの方法は、正式なものじゃありません!!

あらためて言っていきます。

私がいつもやってる方法なので、きちんと仕上げの方法を知っている方には、「間違ってる!」って思われるかもですが、

このやり方でも十分綺麗に仕上がるので、円形の台を用意したりするのが面倒な方は試してみてくださいね。

#100ドイリー 6枚目の編み図はこちら

blog.kagiami-cafe.com