かぎ編みで雑貨を作るひとhime*himaのブログ

かぎ針編みの制作過程具にあとがき

iPadのデザインアプリ「Affinity Desinger」で描くドイリーの編み図

hime*himaのドイリーパターン集

 

こんばんは。

着々とパターン集の製作作業が進んでおりまして…

今日は、冊子本体が出来上がってきました〜

これからカバーの仕上がりを待って、完成させていきますよ〜♪

あードキドキワクワクするぅ〜゚( ´艸`)

ドイリーパターン集は再販も予定しています!

お問い合わせを頂くので、あらためてここでお知らせさせてくださいね。

今回のドイリーのパターン集の販売について、

ご予約分のお申し込みは終了していますが、

再販はminneで、25日から予定しています!!

販売ページをちゃんと更新して…写真など、冊子の詳細を追加し直して、オープンさせようと思っているのですが…間に合うかな??

minne.com

また、オープンしたら、あらためてお知らせしますね!

 

iPadで#100ドイリー 61枚目の編み図を描いています

iPadとApple Pencilで描く編み図

さて、さて、話まったく変わりますけど・・・

今回から、iPadで編み図を描いています♪

↑こんな感じで…。

これは、#100ドイリー 61枚目の編み図ですよ。

ツイッターで、作品だけを見て編んでくださった方がいらっしゃったので、「答え合わせをしよう!編み図描きますね〜」っていう話をしてたのに、

なかなか描く時間がとれなくて…お待たせしてますT_T

「Illustrator」にも匹敵する「Affinity Desinger」

ところで、編み図製図のために今回、iPad用「Affinity Desinger」というアプリを購入してみました!

Affinity Designer

Affinity Designer

  • Serif Labs
  • 仕事効率化
  • ¥2,400

apps.apple.com

かの有名な「Illustrator」というAdobeのソフトにも匹敵するグラフィックデザインアプリで、「Illustrator」よりはかなり安く、機能は同等くらいなんではないかと…調べたら、そのように紹介されてました。

…と、言っても、私はIllustratorを使ったことがないので、安価なのかも機能が同等なのかも実感を伴って紹介できないのですが…

Illustratorは、今、月額制でしか利用が出来ないので、永年利用すると思ったら結構なお値段になるし、ガンガン使わないともったいないですよね。

パソコンで描くときは「Cacoo」を使っていました

これまで編み図は、パソコンで「Cacoo」というアプリケーションソフトを使って描いてたんですけど、これも月額制なんですよね。

無料でももちろん使えますけど、私も結構な量の編み図を描いているので、無料ではちょっと難しい。

でも、常に使うっていう感じでもないので…月400円くらいの年間5000円弱はちょっともったいないのかなとも思ってたんです。

cacoo.com

だけど、編み図製図のためのソフト(アプリ)をCacooの他に探してみようと思い始めたのは、費用面だけではなくて、”あの”機能がなくなったから…なんです。

どうして「Affinity Desinger」を選んだのか?

Cacooでの編み図の描き方は、以前ここのブログでも少し紹介しましたが、紹介してすぐバージョンアップされて、インターフェースが変わり、使い勝手も、またちょっと慣れが必要になりました。

機能自体は、多分そんな変更にはなってないんだろうと使ってたんだけど、ただ一つ、「図の回転」が数値指定で出来なくなってしまったんです。

そう、”あの”機能とは… 「図の回転」です。

私が描く編み図は、主にドイリーなので、“回転”がとっても重要なんですよね。

なので、Cacooがちょっと使いづらくなっていました。

 

 

編み図を描くために必要な機能

今回、私が購入したiPad用アプリ「Affinity Desinger」は、費用が2,400円の買い切りタイプなので、私にとってはお買い得な方です。

だけど、有料なので、購入に踏み切るにはいろんなアプリを比較したいですよね。

これ、iPhoneとかには対応していないみたいだし…

もし、編み図を描くためのソフトを他にも探してみようと思われるなら、以下の点ができるものを見つけるといいかもしれません。

  1. まっすぐな線が描ける
  2. カーブした線が描ける
  3. 標準図形で楕円(円)がある
  4. 中心位置配置などのガイドがある
  5. 図をグループ化出来る
  6. 図のサイズ変更ができる
  7. 数値指定して回転ができる
  8. 図の縦横比を保ったままで大きさを変更できる
  9. 図の左右反転・上下反転ができる
  10. 線の色を選べる
  11. 文字入れができる
  12. 点線も描ける

iPadで編み図を描けるとこんな利点が!!

iPadで編み図が描けると、いつでもどこでも編み図製作が進められる!という利点がありました。

パソコンで編み図を描くには、パソコンがある位置に座ってじゃないと無理なので、時間がしっかりそれに取られちゃって、出来ないときは全然出来ない状態になります。。。

iPadだと、ソファーに寝転がってでも、外で待ち合わせの合間でも描ける!

めちゃくちゃいいじゃん!と思っています。

 

そして、この「Affinity Desinger」、iPad mini5でもサクサク動きます!

ますます、いい感じ♬

 

今回、冊子にしちゃって、編み図のストックがなくなったから、また、本ができるように増やしていかないとですよね。。。

また、「Affinity Desinger」の使い方なんかも紹介できるように描きなれたいと思います!

 

あ、最後に、

編み図専用サイトのテーマカラーが秋仕様に変わりました!

ちょっと落ち着いたトーンになってます♪

blog.kagiami-cafe.com