かぎ編みで雑貨を作るひとhime*himaのブログ

かぎ針編みの制作過程具にあとがき

今日が平成最後でも毎日爆速…自分を変える手帳の使い方

f:id:himehima:20190430121513j:plain

うちの愛犬・ジャックラッセルテリア

こんにちは。

今日は平成最後の日…ですね、あらためて。

昨日まで、これまでにないくらいの勢いでブログを投稿したので、しばらく休もう…みたいな気持ちになってましたけど、

やっぱり今日みたいなめったに訪れない日には、私も世の中に取り残されないように、ブログを投稿しておこうと思いまして、今、はてなブログの投稿ページを開いています。

でも、以下、平成最後とは全然関係ない内容で、編み物も関係なく、私の個人的な今年の手帳事情について書きます。

季節外れの手帳ネタですが、興味あれば読み進めてね。

今年使う手帳に悩んでいたら日々爆速で過ぎた!!

4月の終わり…もう、今年が始まって四半期が終わりますね。

ふり返ってみると、今年は、フリーランスのような働き方をはじめて、これまでとは少し違った時間の使い方になったので、手帳で自己管理をしよう!!と、張り切って1年が始まったように思います。

だけども、

3月半ばまで…貴重な3ヶ月間、3つの手帳で悩みに悩むハメになりました。

1冊目…ジブン手帳

f:id:himehima:20190430182546j:image

今年1年やったこと、できたこと、考えたこと…ぜーんぶ詰め込める手帳がいい!!って悩み始めて、

まず、手を出したのが、ジブン手帳。

バーチカルでしっかり、やったことの時間管理して充実感を得ようと思ったんですけど、

小マメなタイプじゃなかった…毎日のスケジュールを残しておくほど、筆マメじゃなかったんですよね。

…大小2つ試したのに…

2冊目…Sunny手帳

f:id:himehima:20190430204121j:image

それで、次はSunny手帳にしようと思って…ウェブサイト見るといかにもできるタイプの女性のレビューが…

私も、目指せ!できる女!と思いながら使ってみたけど、

ジブン手帳とは違って、バーチカル表記だけど、時間軸が細かくない…

それはそれで、どう記録しようか悩んじゃんって…手帳保留!!状態に。

3冊目…ほぼ日手帳weeks

f:id:himehima:20190430182633j:image

で、結局、やっぱり私はほぼ日手帳しかない!と思って、ほぼ日手帳のweeksを買ってみたんですよ。(公式ガイドブックにも載ったので…)

使い心地は良かった!これまで、ずっとほぼ日だったから、使い勝手が慣れてていい!

やっぱりほぼ日のweeksがピッタリかな…。

手帳で自分をもっと進化させたかった!

でも、面白くない…これまで使い慣れたほぼ日手帳を使うの。

せっかく、フリーランスとして新しい仕事のカタチで生活しようと夢見てたのに、だから手帳も新しいものにチャレンジしたかった!

そして、「この手帳は自分の分身なの!」とか言いたかった!

 

今、こうやって文章にすると、ちょっとバカバカしいね…そして、そのバカバカしさをよそに爆速で過ぎていく日々。

恐ろしい・・・

悩んでいるうちに手帳の売り出しコーナーは店頭から縮小されて、悩む環境でもなくなりましたけど。

手帳の3つの選考基準とひとつの気になること

みなさん、手帳を選ぶときって、何を基準に選んでますか?

私は、この3つ…

  1. ページが方眼
  2. 180度開く
  3. たくさん書ける

さっき挙げた3つの手帳もその基準で選んでます。 

 

ページが罫線や無地だと書きにくいので、なるべく方眼が良いんです。

ジブン手帳とほぼ日weeksは方眼だけど、Sunny手帳は、ページによって無地と方眼とドットの組み合わせなんですよ。

このドットが意外に難しいのでは?と思ったけど、使ってみるとわりと自由に書けていいかもしれない…。

 

あとは、180度は必須!書きにくいから。

これは、ジブン手帳もSunny手帳もほぼ日weeksもクリアしてます。

 

そして、書く場所がたくさんあることも、手帳を選ぶときに重要なんですよね。

ノートじゃダメで、手帳としての機能も果たしつつ書く場所かたくさん欲しい!

でも、ジブン手帳はメモ欄が少なめで、別に「IDEA」っていう専用メモ帳と組み合わせで使うようになってます。

Sunny手帳がダントツにメモ欄多くて、手帳ぽい機能も兼ね備えながら、140ページくらいあります。

週間予定を書くところにもメモがたっぷりだし、たくさん書くには一番オススメかもしれません。

 

ほぼ日weeksは、3つの選考基準を満たしているんですけど、ひとつ気になったのが、バーチカルタイプじゃなかったこと。

自分らしく書くことが最終目的なので、書ければいいんですけど、自分がどんな1日を過ごすのかが気になったりして、バーチカルタイプがいいのではないかと、今年の選考基準はそれもプラスされてたと思います。

それぞれの手帳の主な機能をまとめると…

ジブン手帳

  • バーチカルタイプ
  • 方眼
  • 180度開く
  • ガントチャート付き
  • メモページは8ページ(別冊のメモ帳を持つ)
  • Bookリスト、映画リスト、いろんなリストを書くページあり

Sunny手帳

  • バーチカルタイプ
  • 無地・方眼・ドットのミックス
  • 180度開く
  • メモページ140ページ
  • Bookリスト、映画リスト、いろんなリストを書くページあり
  • 年齢早見表あり

ほぼ日weeks

  • レフトタイプ
  • 方眼
  • 180度開く
  • メモページ73ページ(少し大きいMEGAタイプは213ページ)
  • 読み物多数
  • 年齢早見表あり

私が注目した、それぞれの手帳の個性をリストアップしてみました。

 

2019年はSunny手帳とともに。

で…結局、今は Sunny手帳を使う事で落ち着きました。

でも、やっぱり好きなのは、ほぼ日手帳かもしれない…。

今日、あらためて見たら、weeks使いたい衝動に駆られる…けど、やっと使い方定着してきたので、このままSunny手帳で今年は乗り切りたいと思います!

f:id:himehima:20190430130356j:plain

汚い字がバレるのでぼかしまくりました!

結局、大事なのは手帳変えることより自分がやる事の方

3ヶ月間、手帳を悩みながら見えてきたことは、自分のやりたいことがハッキリしないと手帳は活用できないし、行動しないと手帳に書けない!!

ということ。

いろんな手帳術の本などありますけど、自分がやりたいことがハッキリしてた方が、参考にしやすいし、自分なりの手帳術を作れるのかもしれないと思いました。

なんとなく、フリーランスに浮かれてたけど、フリーランスがフリーすぎて、やりたいことというか自分がこうでありたいみたいなところをスルーしてしまっていたように思います。

割と考えながら、行動しているつもりでも、ちゃんと考えたことなかったのかもしれない。

手帳に悩んでわかったことです。

だからじっくり考えてみましたよ。姉に相談しながら…。

(手帳好きの姉なので、いいヒントいっぱいもらえた!!)

 

そして、答えが出れば、手帳に悩むことはなくなって、書き進めることができました!

令和目前、続けるためにこんな手帳の使い方します!

f:id:himehima:20190430204151j:image

私の今年がやっと始まった気がする最近は、こうなりたいっていう自分の目的を達成するために、手帳を活用しています。

目指すところまで行くには、やっぱり続けることが大事なんですよね。

そして、その「続ける」ことが案外一番難しいんです。

hime*himaとしてブログをやっていて、なんども空白になる期間を実感してる私は本当に続けることの大変さをわかっています…。

 

  • なんのためにやってるんだったっけ?
  • 何を続けるんだっけ?

 

みたいなことを忘れないようにするために、手帳を振り返って確認する。

ような手帳活用方法に落ち着きました。

書いて見る…書き方にカッコ良さはないけど。

 

そして、このブログも、続けてみる!

ブログを書くことが、今目指してる自分に一番近いって分かったから。

何になるのか、何になったのか、

多分、側から目にはわからないかもしれないけど、そういうものを目指して、今年はちょっと頑張ってみたいと思います!